木村 拓哉(きむら たくや、1972年〈昭和47年〉11月13日 - )は、日本の男性タレント、俳優、歌手、声優であり、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。東京都調布市出身。ジャニーズ事務所所属。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。
79キロバイト (10,270 語) - 2021年10月4日 (月) 03:48



(出典 newsimg.oricon.co.jp)



 木村拓哉さんが、
 番組で初めて明かしたレシピに大反響しています。


1 爆笑ゴリラ ★

10/10(日) 16:05
NEWSポストセブン

木村拓哉の食卓 こだわりの「牛キムチ」と「白砂糖を使わない」理由
木村家では白砂糖を使わずオリゴ糖、はちみつ、てんさい糖が使われる
 豚肉の代わりに牛肉を使った「牛キムチ」、大事な撮影の日の朝に食べるエメンタールチーズをたっぷり使った「ピザトースト」、梅入りの特製つけだれで食べる「はちみつ梅わさびそうめん」など、9月7日に放送された『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)のスペシャル特番で、木村拓哉(48才)は自宅で作っている料理を5品も紹介。自ら包丁を握り、テレビで初めてレシピを明かしたことから、放送後は大反響を呼んだ。

 そのレシピに熱視線を送るのは木村ファンだけではない。

「木村さんが作るお料理はすべて栄養面でも理にかなったものでした」

 こう評するのは栄養士の小島祥子さんだ。木村の独自の調理法からも、栄養について勉強していることがうかがえるという。小島さんがまず目をつけたのは、きのこの扱い方。

「『牛キムチ』では、しめじとえのきたけ、『餃子鍋』では、しいたけとえのきたけを使っています。きのこは1種類だけではなく、2種類以上を組み合わせることで『グルタミン酸』という旨み成分の働きが相乗効果でアップします。旨み成分がたっぷり出ると味に深みが出るので、余計な調味料を足す必要がなくなる。すると自然と薄味になり、塩分量もカットできるのです」(小島さん・以下同)

「牛キムチ」の調理中には、薄くスライスした玉ねぎを炒めるとき軽く塩を振り、

《よく炒めれば炒めるほど、さっき入れたお塩で玉ねぎが甘くなるんです》

 木村はそう力説したが、これも栄養学の理にかなっている。

「塩を最初に振ることで、玉ねぎから水分が出やすくなります。フライパンの熱でその水分が蒸発し、玉ねぎの甘さがぎゅっと凝縮されるんです」

 さらにこの「牛キムチ」では、木村家の「隠し味」も使われていた。
老化を加速させる白砂糖は家に「いない」

 番組で木村は、《ちなみに自分ちには、お砂糖いないです》と、家に白砂糖を置いてないことを明かした。小島さんは、これを英断と評価する。

「精製されて白くなった砂糖は血糖値を一気に上げて病気のリスクを高めることはもちろん、糖を代謝するためには、体内のビタミンやミネラルを使う必要があります。ビタミンやミネラルが充分足りているならば問題ありませんが、日本人はいずれの栄養も不足している。白砂糖を摂りすぎると、必要な栄養素がどんどん体から奪われ、老化が早まる恐れがあります」

 とはいえ、完全に砂糖を抜いた料理は、なんとも味気なさそうだ。そこで、木村が白砂糖代わりに使っているものとして紹介したのが「オリゴ糖」だ。糖の一種であるオリゴ糖は唾液や胃液の消化酵素では分解されにくく、糖として体に吸収されにくいため血糖値の急上昇を起こしにくい。

「さらに、オリゴ糖は腸内の善玉菌である『ビフィズス菌』のえさになります。腸内環境が整うと、ほかの大切な栄養素の吸収が効率よく行われるようになります。白砂糖と比べて太りにくく、ダイエット効果も期待できます」

木村の妻である工藤静香(51才)のインスタグラムでは自身の手料理が毎日のように紹介されているが、そこではオリゴ糖だけでなく、はちみつ、てんさい糖も登場する。

「はちみつ、てんさい糖は精製されていないため、代謝に必要なミネラル、ビタミンが含まれています。

 てんさい糖の原料である『甜菜』は、北海道など寒い地域で栽培される植物で寒さに強いため、体を温める効果があるともいわれています」

 木村の「牛キムチ」のこだわりは、それだけではない。一般的な豚キムチは野菜や肉と一緒にキムチも炒めるが、木村はキムチを炒めない。フライパンでの調理が終わってから、炒めた肉と野菜の上にのせるだけだ。

「キムチに含まれる乳酸菌は熱による酸化に弱い。乳酸菌を効率的に摂るなら、加熱しないのが正解ですね」

 一見、ボリューム満点の「男メシ」に見える料理だが、実は、専門家もうなる緻密な計算がふんだ


(出典 www.news-postseven.com)

https://news.yahoo.co.jp/articles/21295347bf8a88ff14211839e56ff979deeceb20





3 名無しさん@恐縮です

ジャッジアイズは面白かったけど、ロストジャッジメントはイマイチだったわ


4 名無しさん@恐縮です

キムさんはキムチが好き


5 名無しさん@恐縮です

どの料理も絶妙に貧乏くさい雰囲気の出来上がりなのがキムタクらしくて良かった
こういうのでいいんだよ的な


34 名無しさん@恐縮です

>>5
ここの家庭は奥さんもマメに手作りする人だけど盛り付けとか気取ってないんだよね
カッコつけようと思えばいくらでもやれるのにもってなくて逆に好感あがった


6 名無しさん@恐縮です

すげーぜキムさん読んでないけど


7 名無しさん@恐縮です

同じもん食ったらキムタクになれるか?


10 名無しさん@恐縮です

いちいちキムチに反応するバカウヨ

さすが無能の弱者男性(笑)


11 名無しさん@恐縮です

砂糖はそんなに身体に悪いのか?
塩と砂糖どっちが身体に悪いの?


13 名無しさん@恐縮です

シワシワガリガリ嫁の洗脳


14 名無しさん@恐縮です

アトピーやアレルギーにも白砂糖は良くないから、甜菜糖を使っているが、高いんだよ


17 名無しさん@恐縮です

ありがとうオリゴ糖


19 名無しさん@恐縮です

工藤静香がうpした写真にオリゴ糖あったのを叩いている人たちがいたからフォローかな?


20 名無しさん@恐縮です

年齢より若いってこともないけどな
劣化嫁と子が2人いて年相応
女ばかりの家の父親は、女に合わせがちw


21 名無しさん@恐縮です

静香パルスイートのCM出てたけど


22 名無しさん@恐縮です

タバコ吸ってるのに老化気にしてるのか?


23 名無しさん@恐縮です

品種改良で野菜が甘すぎるのに砂糖なんてつかうんけ?


25 名無しさん@恐縮です

牛キムチ?
そんなもんお前ら食うたことあるか?
なんやねんそれ


26 名無しさん@恐縮です

てんさい糖は放射能の影響を受けやすいからあの日以来使ってない


30 名無しさん@恐縮です

俺も白砂糖は家にはないわ

甘味は
オリゴ糖、はちみつ、てんさい糖
造り酒屋から甘い味醂を仕入れてる


33 名無しさん@恐縮です

食い物に拘ってる奴がマックのCMなんか出ないだろw


35 名無しさん@恐縮です

オリゴ糖www


40 名無しさん@恐縮です

>>35
生協でよく買うわ


37 名無しさん@恐縮です

親韓アピールお疲れ様です


38 名無しさん@恐縮です

精製された砂糖うんぬんの科学的根拠って証明されてるの?
ググると意見分かれててずっと謎


39 名無しさん@恐縮です

年取ると塩辛いもの好きになるからキムチ好きになるよね


41 名無しさん@恐縮です

食にこだわって仕上がりアレなんか


42 名無しさん@恐縮です

糖の種類によって理屈的には違いはあるだろうけど
メリットを自覚するほどなのか?別の糖が増えることのデメリットはないのか?
それに他でジュース、菓子、外食とか一切無いのかな


43 名無しさん@恐縮です

キムチは加熱すると乳酸菌*じゃうんだよね


48 名無しさん@恐縮です

>>43
キムチて開封したらどんどん酸っぱくなるから
酸っぱくなったやつは加熱して料理に使う


44 名無しさん@恐縮です

うちも白砂糖じゃなくて茶色い砂糖だ
白砂糖よりも美味しいんだよな


45 名無しさん@恐縮です

奥さんとお子さんはオーガニックにこだわってすごい料理を披露してるね 
見た目からして肌もくすんでるし健康なんかなと思ってしまう


46 名無しさん@恐縮です

なんか普通に美味そうだな


47 名無しさん@恐縮です

キムチ好きだね
それしかないの?


49 名無しさん@恐縮です

ビストロやっててよかったな


50 名無しさん@恐縮です

白砂糖はちょっとこぼしてもすぐに蟻が行列作って押し寄せてくるし
冷蔵庫ではガチガチに固まるしでなんも良いことない
絶対にきび砂糖がおすすめ、蟻も来ないし冷蔵庫に入れてても固まらない
ちょっとだけ白砂糖より高いけどストレス無くなる