輝くもっと美容!もっと健康!

出来るだけより多くの方々に、綺麗に、健康に
なって頂ける様、美容・健康とそれにまつわる
食…etcの旬な情報を、あらゆる面から
お伝えしていく、欲張りブログです。

    カテゴリ: 輝く健康


    【衝撃】島谷ひとみの現在がヤヴァイ - ロケットニュース24
    みなさんは2000年代初頭に「亜麻色の髪の乙女」で大ブレイクを果たした『島谷ひとみ』さんを覚えているだろうか? NHK紅白歌合戦には4年連続で出場するなど、2000年代 ...
    (出典:ロケットニュース24)


    島谷 ひとみ(しまたに ひとみ、1980年9月4日 - )は、日本の女性歌手。 アッパーチューン、バラード、異国情緒を醸し出すナンバーのほか、ポップス、ロック、ラテン、R&B、ジャズ、ハウス、ボサノヴァ、レゲエ、演歌など幅広いジャンルを歌いこなし、透明感のある歌声と高い歌唱力に定評がある。
    92キロバイト (9,831 語) - 2019年8月15日 (木) 09:30



    (出典 pds.exblog.jp)


     
     健康は1番大切ですね!そこで、話題になっている、
     島谷ひとみさんのお話しをまとめてみました。

                        by アン(管理人)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/10(火) 08:20:59.18 ID:fDIEaiWw9.net

    9日、都内で『知って、肝炎プロジェクト 全国健康保険協会表敬訪問』が行われ、歌手でスペシャルサポーターの島谷ひとみが登場。

    昨年、家族が病にかかった島谷は「ぜひ肝炎ウイルスの恐ろしさを知り、検査を受けてもらいたい」と呼びかけた。

    ■肝炎は健康な人でもかかるおそれ

    そもそも肝炎とは、肝臓の細胞が破壊されている状態のことをいう。
    よくお酒の飲みすぎ・タバコの吸いすぎで肝臓を悪くする、というのはよく言われていること。
    だが島谷は必ずしもそうしたことが肝炎ウイルスの原因とはなりかねない、と強調する。

    「若いからであったり、お酒を飲まない、タバコを吸わないから肝炎にかからない、ということではない。
    例えば生まれた時にかかっていたとしても、発症せずに自覚症状がないだけの人もいます」

    関連記事:山本譲二、大腸ガンは「兆候あった」 もっと早く検査すればと後悔も

    ■スペシャルサポーターになって7年

    島谷が啓発のスペシャルサポーターになってはや7年。手応えは「まだまだ」だと話す。

    「関心を持ってくれる人はいろんな病気に対しても意識が高いが、1個のきっかけがあるといろんな意識を持ちやすいがその1個を掴むのが難しい」

    ■健康管理は…

    自身の健康管理について「生活習慣に気を付けたり、ストレスを溜めないようにしている。
    病になるきっかけはたくさんあるのでストレスをためない、無理をしない、よく笑うようにしている」と述べる。

    じつは島谷、4日に39歳の誕生日を迎えたばかり。

    「昨年の今頃(誕生日)は母が大きな病気になり、家族がどん底だったが、奇跡的に回復してくれたので母と一緒にお風呂に入りいろんな話をした。
    健康あっての幸せだね、どんなことがあっても健康じゃないと笑えないよね、と」


    30代最後となった島谷は、自身の仕事観も語りつつ、改めて健康であることがどれだけ大事なのかを述べた。

    「年齢とともに健康管理を気を付けないといけない年頃になった。ストレス発散法として、友達を呼んで食事をしている。
    食べるところを充実させるために私は仕事している。ぜひ肝ウイルスの検査を受けたことがない人は受けてほしい」

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162159462/
    2019年09月09日 19時40分 しらべぇ


    (出典 entert.jyuusya-yoshiko.com)



    (出典 Youtube)

    島谷ひとみ / 「パピヨン ?papillon?」【OFFICIAL MV FULL SIZE】


    【【輝く健康】島谷ひとみ、母の苦難を乗り越えて「健康あってこその幸せ」実感!! 】の続きを読む


    ローラ、菜々緒、国生さゆり…美ボディ6人のトレーニング法をためしてみては? - 女子SPA!
    女優の仲里依紗が先月、バーベルをゆうゆうと持ち上げてスクワットするトレーニング動画をインスタグラムに投稿し、話題を呼んでいました。
    (出典:女子SPA!)


    国生 さゆり(こくしょう さゆり、1966年(昭和41年)12月22日 - )は、日本の女優・タレント・歌手。血液型A型、身長162cm。愛称はさゆちゃん。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 鹿児島県鹿屋市出身。幼少期を長崎県佐世保市で過ごし、鹿屋市立西原小学校・鹿屋市立第一鹿屋中学校・清水ヶ丘
    68キロバイト (9,405 語) - 2019年7月23日 (火) 22:38



    (出典 www.sponichi.co.jp)


     
     今も美を保っている国生さゆりさんのお話しを、
     まとめてみました。お楽しみ下さいね!
                        by アン(管理人)

    【【輝くヘルスケア】発芽玄米、“国生体操” で国生さゆりが激変!!】の続きを読む


    サンドウィッチマン・富澤たけしが膝に溜まった水を抜く 量の多さにファンが騒然 - ニフティニュース
    サンドウィッチマン・富澤たけしがブログを更新し、膝に溜まった水を抜いたと報告した 抜いた水の量は片方だけで23ミリリットルで、富澤たけしも驚きを綴っている ファンから ...
    (出典:ニフティニュース)


    富澤 たけし(とみざわ たけし、1974年〈昭和49年〉4月30日 - )は、日本のお笑いタレントで、お笑いコンビサンドウィッチマンのボケ担当。本名、富澤 岳史(読み同じ)。 1974年(昭和49年)、東京都板橋区生まれ。グレープカンパニー所属。血液型はAB型。 父、富澤清は大手輸入食品会社支社長である。
    23キロバイト (3,088 語) - 2019年8月12日 (月) 23:47



    (出典 news.mynavi.jp)


     
     サンド富澤さんの健康のお話しです。お楽しみ下さいね!
              
                        by アン(管理人)

    1 湛然 ★ :2019/08/20(火) 05:07:11.30 ID:QO816jb29.net

    サンド富澤、膝から抜いた“水の量”に騒然 「痩せましょうよ…」
    サンドウィッチマン・富澤たけしが膝に溜まった水を抜いたことを報告。その量に驚きの声が相次いだ。
    2019/08/19 16:20 宝田洸太

    サンドウィッチマン・富澤

    (出典 img.sirabee.com)


    富澤たけし
    (画像はサンドウィッチマン富澤たけし公式ブログのスクリーンショット)

    (出典 img.sirabee.com)



    人気お笑いコンビ・サンドウィッチマン・富澤たけしが、18日に自身のブログを更新。膝に溜まった水を抜いたことを報告した。

    ■膝の痛みで病院へ

    この日、ブログで「モルック」という競技について綴った富澤。フィンランド発祥のスポーツで、お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢らが日本代表として世界大会に出場しているという。

    そこから話題は富澤の膝の調子へ。以前からあった膝の痛みが強くなってきたため、水を抜くために病院を訪れたという。富澤によると水を抜く際の注射は「病院で一番太い針」だそうで、「これが結構痛い」と語る。

    ■片方で23ミリリットルも…

    膝の外側から注射をさした富澤。絆創膏を貼っているものの、くっきりとわかる穴の痕は非常に痛々しい。

    また、富澤は実際に抜いた水の写真もアップ。注射器の目盛りを見ると、片方だけで23ミリリットルもあったようだ。これにはさすがの富澤も「片方だけでこんな量の水がっ!!」「夏の暑さの水分補給にいかがですか? などと言ってる場合ではない」と驚きを綴った。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【輝く健康】瘦せましょっ!サンド富澤、膝から抜いた“水の量”に騒然!! 】の続きを読む


    高橋メアリージュン、トイレ優先カード実現願う 潰瘍性大腸炎「こういうのがあれば…」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
    女優の高橋メアリージュンがツイッターで、「トイレ優先カード」の実現に向けて動い.
    (出典:Yahoo!ニュース)


    高橋 メアリージュン(たかはし メアリージュン、Maryjun Takahashi、1987年11月8日 - )は、日本の女性ファッションモデル、女優である。愛称はメアリーメア。 滋賀県大津市出身。エイジアプロモーション所属。元『CanCam』専属モデル。日本人の父親とスペイン系フィリピン人の母
    31キロバイト (3,534 語) - 2019年8月7日 (水) 11:27



    (出典 eurosim2007.org)


    潰瘍性大腸炎

    (出典 Youtube)


     
     美スタイルの高橋メアリージュンさんが潰瘍性大腸炎だと
     告白して話題になっていますね!そんな彼女のお話しです。
     お楽しみ下さいね。
                        by アン(管理人)

    1 Egg ★ :2019/08/20(火) 09:20:44.62 ID:daGIsAvc9.net

    女優の高橋メアリージュンがツイッターで、「トイレ優先カード」の実現に向けて動いている女性のつぶやきをリツイートし「当時、こういうのあれば良いのに…と何度思ったことか」と、カードの実現を願った。高橋は難病指定されている潰瘍性大腸炎であることを公表している。

     高橋は、やはり潰瘍性大腸炎を患っている女性が「トイレ優先カード(実現未定)、試作中です」としたツイッターをリツイート。このカードは、行列している公衆トイレなどで順番を待たず、優先的にトイレに入れるようにするもの。

     潰瘍性大腸炎は、大腸粘膜がただれ、粘血便が出たり、下痢や腹痛に見舞われることから、急に便意に見舞われる。公衆トイレが行列の場合、間に合わない可能性もあることから、高橋は「当時、こういうのがあれば良いのに…と何度思ったことか」と、病気が酷かった時の心境を明かした。

     そして「あらかじめお手洗いに行っても急に次の波が来るんです。波が来てすぐにお手洗いに行けないと絶望的になるんです。大袈裟ではなく」と、自身の体験をつづった。

     「トイレ優先カード」を作成しているという女性のツイッターにはハッシュタグで「炎症性超疾患」「クローン病」「ベーチェット病」なども記され、他にもトイレに悩む病気があることが記されている。

    8/19(月) 12:55配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000064-dal-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1 Egg ★ 2019/08/19(月) 17:32:07.84
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566203527/


    【【潰瘍性大腸炎】高橋メアリージュン、トイレ優先カード?健常者も大変!!】の続きを読む


    名倉 (なぐら じゅん、1968年〈昭和43年〉11月4日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家であり、お笑いトリオ・ネプチューンのリーダー、ツッコミ担当である。愛称は、ちゃん、リーダーなど。 兵庫県姫路市出身。ワタナベエンターテインメント所属。妻は渡辺満里奈。
    16キロバイト (2,110 語) - 2019年8月2日 (金) 05:13



    (出典 wezz-y.com)


     
     ストレスからうつ病を発症した名倉潤さんが話題に、
     なっていますね、そんな彼と家族のお話しです。
                        by アン(管理人)

    1 muffin ★ :2019/08/02(金) 14:33:51.73 ID:Oa4mmTSr9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2141471/full/
    2019-08-02 12:27

     タレントの渡辺満里奈(48)が2日、自身のインスタグラムやブログを更新。夫でお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤(50)が、きのう1日から約2ヶ月間、うつ病のリハビリのため休養することを発表したことを受け「家族で体調と向き合いながらゆっくり過ごしたいと思います」と思いをつづった。

     渡辺は「この度、夫・名倉潤の休養に関しまして、皆さまにご心配をおかけしております。たくさんの励ましのお言葉、ありがとうございます」と感謝し「日頃より支えてくださっている関係者のみなさまには、大変なご迷惑をおかけして申し訳ありません。そしてご理解を頂き、ありがとうございます」と伝えた。

     続けて「皆さまのご理解が本人の心の安心となっております。心より感謝申し上げます」といい、名倉と子どもたちの写真も添え「まずはゆっくりと過ごすのが一番の養生ということですので、家族で体調と向き合いながらゆっくり過ごしたいと思います。見守っていただけますと幸いです」と呼びかけている。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【うつ病】名倉潤うつ病発症!妻・渡辺満里奈、家族で向き合っていきます!!】の続きを読む

    このページのトップヘ