紅蘭(くらん、1989年8月30日 - )は、日本の女性、タレント、パーソナルトレーナー。本名及び旧芸名は草刈 紅蘭(くさかり くらん)。 東京都出身。株式会社BROSKY所属。 父親は俳優の草刈正雄、母親は元モデル兼女優の大塚悦子、弟は元ズットズレテルズのドカットカット、妹は女優の草刈麻有。父親がハーフのため、自身はクォーターである。
11キロバイト (1,411 語) - 2019年11月12日 (火) 04:50



(出典 aikru.com)


 
 14年前から、自力で排便できていなかったと言う紅蘭さん、
 やはりきちんと専門医に診てもらった方がいいですね、
 ポリープの治療が出来て良かったです!
 そんな彼女のお話しをまとめてみました。
 お楽しみ下さいね!
                    by アン(管理人)
 

1 豆次郎 ★

11/11(月) 20:53配信
紅蘭、驚きの排便法を告白「14年前から自力で便を出したことがない」

 俳優・草刈正雄(67)の長女でタレントの紅蘭(くらん、30)が、11日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判! 秋の芸能人の余命宣告3時間SP」に出演し、「14年前から自力で便を出したことがない」と衝撃の告白をした。

 幼少期から自分の家でないと排便ができなかったという紅蘭は米留学中には2、3か月に渡って便が出なかったと振り返った。16歳から自力での排便経験がないことを告白し、自宅で排便方向を紹介した。

 その方法は腸内洗浄キットを使用しての排便。専用のコーヒー1リットルをチューブの管で肛門入れて排せつする。排便は4、5回繰り返すといい、「(14年間)毎日やっている」と話し、スタッフに「病院に行きましょう」と勧められ、「そうだよね」と苦笑い。

 大腸内視鏡検査の結果について医師は、便秘の原因に「腸の動きが悪い」「腸内洗浄のやりかた次第ですけど、頼ってしまうとそうしないと(便が)出ない体になってしまう」と指摘した。

 また、1センチ超えのポリープが発見され「1センチを超えると1/3の確率で悪い細胞。内視鏡で切除した方がいい」と勧められた。さらに、スタジオで排便方法のコーヒー浣腸(かんちょう)では、腸内環境がリセットされていないこと告げられ、今後は薬を使いながら腸内環境を整えていくという。余命の診断結果は、余命33年。女性の平均寿命87歳に対して63歳だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000187-sph-ent

(出典 amd.c.yimg.jp)


※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573473352/


【【輝く★便秘】紅蘭、驚きの排便法を告白!肛門からコーヒー1リットル…!】の続きを読む